人生の最大イベント「結婚式」を海外で挙げてみよう!

海外挙式で一生の思い出

気になる海外挙式の費用

海外挙式をあげる場合、気になるのは費用ですが、一番の出費は移動費です。
全ての旅費を新郎新婦が出すケースもありますが、ゲストの人数が多い場合は、大変な出費となり困難となります。
その場合、ゲストに旅費を負担してもらわなければいけないので、本来いただけるはずのお祝儀代が期待しにくくなります。
また、海外の場所によっては、日本人サイズのドレスを用意できない会場もあるので、海外挙式をする人は、日本でドレスを作って持っていきます。
通常、日本の会場で挙げる場合のドレスは、安いレンタルですませますが、海外に行って新婚旅行をして帰る日数分レンタルすると、高くつくため、いっそお気に入りのドレスを作るというケースが多いです。
このように海外で挙式をすることは、日本で行う時にはない出費が付いてきますが、逆に日本では体験できない最高のロケーションで挙式をすることが出来ます。
日本では味わえない開放感の元で、永遠の愛を誓えると高い人気を集めています。

海外挙式の費用は時期を選んで安く抑える

結婚式は海外でおこないたいと二人の意見が一致しているなら美しい海の見える教会で両親と親族に見守られながら海外挙式を行うのもよく、式の後はレストランで食事会を行うこともできます。
ハワイであればおおよそ費用は250万円程度で、ご祝儀などを差し引くと自己負担額は160万円ほどが平均的です。
挙式料は演出に楽器演奏とシンガー、カップル用のリムジンをつけても15万円程度で、航空費や宿泊費が旅行代理店などのツアーで1人当たり新郎新婦が15万円、親族が10万円程度になります。
そのほか料理は一人当たり1万円程度、ドリンクは2000円程度を出してレストランでの食事会と、衣装代で男性のタキシードが4万円、女性のウエディングドレスを含む小物まで入れて18万円程度で準備が可能です。
海外挙式の場合は準備期間は半年ほどは見ておくことが大事で、ジューンブライドと夏休みの間の時期であれば非常に安く費用をおさえることもできます。

Valuable information

学資保険を返戻率で選ぶなら

http://roam2rome.com/

Last update:2017/4/13


ページのトップへ▲