人生の最大イベント「結婚式」を海外で挙げてみよう!

海外挙式で一生の思い出

海外挙式での新郎・新婦の衣装について

海外挙式とは、海外のチャペルで結婚式を挙げることで、招待されるゲストは親族や仲の良い友人など少人数規模で行われることが多いです。
ビーチリゾート地での挙式の場合は、温かい天候のことを考慮して、ゲストは必ずしも礼服や着物を着る必要はなく、現地の涼しげな正装を着て出席することができます。
新郎・新婦は、日本の支店で挙式の準備をしていきます。
挙式の演出やゲストに出されるディナーのコース、ドリンクなどを決めます。
衣装をレンタルする場合には、日本の支店に現地にあるものと同じタキシード、ドレスのサンプルがあれば、日本で試着して決めることができます。
海外の現地に着いてから、着る衣装を決めることもできます。
新郎・新婦の気に入ったタキシードやドレスが他にある場合には、自分たちで現地に持っていくこともできます。
現地で選ぶ場合には、海外デザイナーのデザインした衣装を着ることもできます。
他のカップルとは違った個性的な挙式ができます。

海外挙式での新婦の衣装

最近は海外挙式が盛んになっています。
海外でも特にハワイやグアムなどの南国でのリゾートスタイルが人気です。
青い海や空に白いウエディングドレスが映えて、楽しく、軽やかに写真に写っています。
海外挙式を行う時に問題になるのが新婦の衣装です。
特にウエディングドレスはかさばりやすいので、飛行機で移動するには荷物になります。
そのため現地でレンタルする新婦も多いのですが、事前に選べない、選択肢が少ない、などのデメリットがあります。
専用のプロデュース会社に依頼するとドレスメーカーが決まってしまっているケースもままあります。
そのため、最近選ばれる衣装はかさばりにくく、軽い素材でできたウエディングドレスです。
このドレスを日本から持ち込むことが増えてきており、このタイプのドレスは屋外の撮影に適していて、ドレスが風になびいている様は、より一層リゾートの雰囲気を出してくれます。
ウエディングドレスは購入しておけば日本で二次会などするときに再度着ることができます。

おすすめWEBサイト 5選

京都で和装前撮り

http://kyophoto.jp/

最終更新日:2017/4/13


ページのトップへ▲